脱サラ・起業・転職・豊かなキャリアと暮らしをサポートする

KUMAJoe . Blog

健康 LIFE

男のダイエットには水泳がおすすめ|【NW-WS413】レビュー

投稿日:2019年7月27日 更新日:

 

KUMAJoe
こんにちは KUMAJoe(@KUMAJoe.Blog)です。

男性も30歳を超えると基礎代謝が落ちてきて、10代や20代の頃と同じような食生活をしていると太りやすくなってしまいます。体型と健康を維持するためには、食生活を体に合わせたものに変えていくのと同時に、定期的な運動をして筋力と基礎代謝を向上させる努力が欠かせません。
そこで、この記事では男性のダイエットに水泳を取り入れることのメリットを解説していきます。



男のダイエットは基礎代謝の向上が重要

30歳男性(身長170cm、体重65kg)の場合、基礎代謝による消費カロリーはおよそ1600kcalです。
一方、同条件で1日に必要なカロリーは2400kcalほどであり、消費カロリーの実に2/3は基礎代謝となっています。

運動による消費はそれほど大きくないため、短時間キツイ運動をしても消費できるカロリーは実はあまり大きくなく、効果的なダイエットのためには基礎代謝の向上が重要であることが分かります。

 

カロリー制限にはデメリットも

体が必要とする最低限のカロリーを摂取しないと、体はなるべくエネルギーを消費しない体になろうとするため筋肉が減少します。その結果、基礎代謝が落ち、痩せにくく、太りやすい体になってしまいます。

確実に、そして健康的にダイエットするためには、必要なカロリーを摂取しつつ、摂取カロリー以上のエネルギーを消費できるように基礎代謝を上げる必要があります。

 

男のダイエットには水泳が効果的

厚生労働省はMETs(メッツ)として、安静時を1とした場合に特定の運動がどの程度のエネルギーを消費するかの指針を示しています。ゆっくりクロールで泳いだ場合の運動強度は8、平泳ぎの場合で10とされています。

「運動の基礎科学 - 厚生労働省」より抜粋

水泳は全身運動であるため全身の筋肉をバランスよく鍛えられ、これによって基礎代謝の向上が期待できます。しかし、これは裏を返せば、一部分のみを鍛える目的にには適していないということでもあります。腹筋を割りたいなどの希望があるのなら、腹筋を集中的に鍛えられるトレーニングなどをあわせて行う必要があります。

また、水泳は脂肪の燃焼効果が高い有酸素運動であるため、効率的に体を引き締められます。

 

水泳中は水分補給を忘れずに

水中であるため分かりづらいですが、水泳中でも運動すれば発汗しています。熱中症や脱水症状になる恐れがあるため、プールサイドなどに水やスポーツドリンクを用意しておいて随時水分補給をするべきです。

体重を落とす目的なら、脂肪を燃焼させる効果のある特保であるヘルシアウォーターがおすすめです。「ウォーター」という商品名ですがこちらはスポーツドリンクです。味は一般的なスポーツドリンクにヘルシアシリーズ特有の苦みがあるもので、一度試してみて好みに合うようなら利用してみてください。

男のダイエットは集中力を持続させることが重要

体が引き締まってきて目に見えて筋肉がついてくると、ダイエットはそれ自体が楽しみになるものです。しかし、はっきりとした成果がでてくるまでは辛いと思ってしまうタイミングもあるでしょう。

ダイエットを長続きさせるコツは、楽しく、そしてその時間に没入できるようにすることです。僕がおすすめしたいのは「好きな音楽を聴きながら泳ぐ」というものです。

そのために今回購入したのが、SONYのNW-WS413 という機種です。音楽プレーヤーが内蔵された防水ヘッドホンであり、単体で水のなかで音楽が聴けます。

 

KUMAJoe
僕はあえて2016年モデルで割安な「NW-WS413」を購入しました

 

深く集中できる

もともと水中はプールサイドよりも静かです。ヘッドホンを使って音楽を聴いていると、わずかな雑音もカットしつつお気に入りの音楽を聴けます。こうすることで、まるでプールのなかが自分のプライベートな場所のような感覚になり、仕事をはじめとする日常の煩わしいことから一時解放されて深い集中を得られます。

 

耳のなかに水が入らない

泳いでいると耳に水が入ることは避けられません。とくにクロールで息継ぎをしたときなどに水が入りやすいでしょう。仕方のないこととはいえ不快なことに変わりはなく、集中が乱されてしまいますし、水抜きをするために水泳が中断させられてしまいます。

NW-WS413には密着度の高い水泳用イヤーピースが同梱されており、これをつけて泳ぐとまったく耳に水が入りません。こうした理由もあって、水泳用ヘッドホンをつけると集中力を保ちやすくなります。

 

男のダイエットにおすすめの防水ウォークマン

僕がNW-WS413を購入する前に他の機種と比較した情報を共有します。
比較対象はすべてSONYの製品で、「NW-WS623」というものと、「WF-SP900」というものです。

3機種とも4GBのメモリを搭載した音楽プレーヤー一体型のヘッドホンですが、細かなところで違いがあります。

 

NW-WS623がおすすめの人

NW-WS623は音楽プレーヤー内蔵のヘッドホンですが、Bluetoothに対応しているため、普通の無線ヘッドホンとして使うこともできます。「水泳用に使うヘッドホンが欲しいけど、無線のヘッドホンも持っていないから兼用できるものがいい」という方にはNW-WS623がおすすめです。

WF-SP900がおすすめの人

こちらは完全分離型のイヤホンです。ケーブルやヘッドバンドなどの邪魔なものはいっさいついていて欲しくない、という方にはこちらがおすすめです。Bluetoothに対応しているため、普通のワイヤレスイヤホンとして使うこともできます。
また、3機種のなかではもっとも音質が優れていました。

NW-WS413がおすすめの人

「NW-WS413」と「WF-SP900」の長所が必要ないという方は、価格が安い「NW-WS413」を購入するといいでしょう。僕はほかにBluetoothヘッドホンをもっていますし、水中で聴く音楽は、あくまで集中力を高めるための手段だと割り切ってしまったので、音質は一定の水準を満たしていれば充分だと判断しました。

実際、「NW-WS413」は、少しこもったような音質であり、SONY製の1万円を超える価格のヘッドホンだということを考えるとやや物足りないものではあります。しかし、泳ぐことに集中してしまえばまったく気になりません。

 

まとめ

男のダイエットは、カロリー制限だけでなく基礎代謝の向上が重要です。水泳は全身運動であることから全身を効率的に鍛えられ、また有酸素運動である水泳は脂肪の燃焼にも効果的です。

ダイエットは短期間だけ取り組んでも効果が薄いです。防水ヘッドホンで音楽を聴きながら泳ぐなど、集中力を保ち、楽しみながら継続できる自分なりのやり方を見つけてください。

~ダイエットに関する情報では、下の記事もおすすめです~

男のダイエットに最適【おすすめダイエットグッズ5選】

  KUMAJoeこんにちは KUMAJoe(@KUMAJoeBlog)です。 今回も最近よくアップしている健康系の記事を書いていきたいと思います。 というのも、仕事やプライベートが忙しくて ...

続きを見る

 

-健康, LIFE

Copyright© KUMAJoe . Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.