脱サラ・起業・転職・豊かなキャリアと暮らしをサポートする

KUMAJoe . Blog

パラレルワーク 脱サラ|転職

【たった3分で分かる】16タイプ別仕事適正診断|適職診断|

投稿日:2018年11月4日 更新日:

 

KUMAJoe
こんにちは KUMAJoe(@KUMAJoeBlog)です。

診断、結果をお急ぎの方は早速こちらからどうぞ

16タイプ別【診 断】(特徴・適職)

16タイプ別【結 果】(特徴・適職)



KUMAJoe
お時間ある方は、このままお付き合いください。

幸せな人生を考えた時に、自分の性格や個性に合った適職を見つけることは、とても大切な要素の1つです。

そして適職をみつけるには、まずは自分の性格や個性を客観的に知ることが欠かせませんが、意外とこれが自分自身の事となると難しかったりします。

そんな時に役立つのが、心理学などの専門的なアプローチを駆使した、個人の特徴、適職などの診断ツールです。

 

その中でも、今回ご紹介するのは、スイスの著名な心理学者「カール・グスタフ・ユング」の考えをベースとした16タイプ別性格、適職診断です。

カール・グスタフ・ユングとは

▪Carl Gustav Jung (1875年7月26日 - 1961年6月6日)

スイスの精神科医・心理学者。深層心理について研究し、分析心理学(通称・ユング心理学)の理論を創始した。

「人格の秘密の領域(夢分析)」を探った心理学者カール・ユングさんの名言・格言には沢山の教えがあります。

 

今回ご紹介する16タイプ別性格、適職診断以外にも、適職を見つけるヒントになるようなツールはあったりします。

 

このブログでもすでに紹介しているストレングスファインダーは、性格ではなく才能という側面から、新たな視点をもたらしてくれる診断ツールです。

興味がある方は、この記事と併せて読んでみると、より適職を探す手助けになるかもしれません。

【レビュー】ストレングスファインダーで自分の強みを発見しよう!

KUMAJoeこんにちは KUMAJoe(@KUMAJoeBlog)です。 ストレングス・ファインダーは自己分析のツールとしてはとても認知度が高いツールなのですでに試したという方も多いかもしれません。 ...

続きを見る

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 適職を見つけて、もっと仕事にやりがいが欲しい
  • 自分の性格や個性についてもっと知りたい
  • 自分の性格や個性に合った適職を知りたい

 

 

KUMAJoe
ちなみに、ぼくの適職診断結果は ENFJ型でした。

さあ、あなたは何型で、どんな可能性を秘めているのでしょうか?

 

 

 

4軸16種類であなたの性格タイプと適職診断

ここでご紹介するのは、スイスの心理学者カール・ユングの考えがベースとなった4軸で16タイプの性格を診断する手法です。

4軸とは次のとおりです。

・外向的(E-Extroverted)-内向的(I-Introverted)

・五感型(S-Sensing)-直感型(N-iNtuitive)

・思考型(T-Thinking)-情緒型(F-Feeling)

・決断型(J-Judging)-柔軟型(P-Perceiving)

 

E(外交的)とI(内向的)のいずれの傾向が強いか、S(五感型)とN(直感型)なら…という判断を繰り返すことであなたの性格が16種類のタイプのいずれに近いかということを診断する手法です。

またこの記事では、性格診断から導き出されたあなたのタイプから、適していると思われる仕事の職種についてもご紹介していきます。

 

あなたの性格・適職を診断開始!

ここでは4つの指標それぞれについて簡単な質問をお出ししますので、それに基づいてご自分がどちらに近いかを判断してください。

 

【質問1】 外向的(E)-内向的(I)の判断

質問1:より元気になれるのは?

選択(E)or(I)

――  他の人と一緒にいる時だ(E)

――  一人で過ごしている時だ(I)

 

【質問2】 五感型(S)-直感型(N)の判断

質問2:部下の話で聞いていて楽しいのは?

選択(S)or(N)

―― 具体的である程度効果が見込めるアイディア(S)

―― 成功の見込みは未知数だが斬新でユニークなアイディア(N)

 

【質問3】 思考型(T)-情緒型(F)の判断

質問3:グループでの討論で結論を出す時には?

選択」(T)or(F)

―― 論理的に正しいことが重要(T)

―― みんなが納得できるかどうかが大事(F)

 

【質問4】 決断型(J)-柔軟型(P)の判断

質問4:やらなければならない持ち帰りの仕事があるが見たいテレビ番組もある?

選択(J)or(P)

―― テレビは録画して仕事を片付ける(J)

―― テレビを見てから仕事を片付ける(P)

 

【判定】16タイプの判定

以上の判定により、例えば,

外向的(E)/ 直感型(N)/ 情緒型(F)/ 決断型(J)

のそれぞれの傾向が強い方は、頭文字をつなげて 「ENFJ」 タイプという診断になります。

ただし、本来はもっと質問項目を多くしてテストの精度を高めることが望ましくなっていますので、より詳しくは判定するには (参考:16personalities ) などで診断をしてみてください。



性格タイプごとの特徴と適職

次に、それぞれのタイプの解説と適した職業をご紹介します。

 

 ESTJ(外向・五感・思考・決断)/責任者タイプ

ESTJタイプの方は責任感が強く、計画性をもって仕事をやりきる人です。ただし、長所の裏返しとしての短所が表に出てしまうと、すべてを管理下に置きたいという欲求が抑えにくくなることがあり、周囲との軋轢を生む恐れがあります。

適職

適した職種:セールスの仕事やマネージャーの仕事、エンジニアの仕事など。

 

 ISTJ(内向・五感・思考・決断)/努力家タイプ

ISTJタイプの方は、物静かですがまじめで信念が強く、やるべきことをこつこつと予定通りに行うのが得意です。反面、物事の細部にこだわりすぎてしまったり柔軟な応用がきかなかったりすることがあるようです。

適職

適した職種:事務職や財務・経理の仕事、コンピュータープログラマーなど。

 

 ESFJ(外向・五感・情緒・決断)/社交家

人間関係を重視する ESFJ 型の人は他の人を喜ばせたいという気持ちが強く、グループの中で協力的で活動的なメンバーとしての役割を担うことが多いタイプです。反面、人間関係を重視しすぎるあまり「ノー」と言うべき時にいえないという面があるようです。

適職

適した職種:看護師や整体師、ホテルマンなど。

 

 ISFJ(内向・五感・情緒・決断)/組織人

ISFJ 型の人は強い忠誠心と労働倫理を備えているため、やらなければならない仕事は責任をもってやりとげる傾向にあります。反面、今見えているより先にあるものにまでは意識が向かないことがありがちなようです。

適職

適した職種:看護師や司書、カウンセラーなど。

 

 ESTP(外向・五感・思考・柔軟)/冒険家

現実的で活動的な ESTP 型の人は物事をありのままにとらえて柔軟に対応することが得意です。反面、周到に計画をたてるということをしなかったために事態の急変で自分のキャパシティを超えた困りごとを抱え込んでしまうということもありえるようです。

適職

適した職種:警察官、消防士、投資家など。

 

 ISTP(内向・五感・思考・柔軟)/実務家

好奇心が強く観察眼の鋭い ISTP 型の人は、何かトラブルに直面しても物事を深く考えて自分の中から冷静に最適な対応策を考え出すのが得意です。反面、他の人に相談するということをせずに自分一人で物事を決めてしまうということがあるようです。

適職

適した職種:ソフトウェア開発者、証券アナリスト、私立探偵など。



 ESFP(外向・五感・情緒・柔軟)/楽天家

他の人と一緒にいることを好む ESFP 型の人は、親しみやすい人柄で他の人同士の争いを調停するといった活躍をすることがあるようです。反面、客観的な事実よりも人の感情を優先させてしまうこともあり、これがトラブルの元になることも。

適職

適した職種:保育士や社会福祉士、ツアーオペレーターなど。

 

 ISFP(内向・五感・情緒・柔軟)/職人

感覚が鋭く我慢強い ISFP 型の人は細かな部分まで気を配ることができます。短期の予定を立てて実行することを得意とする反面、物事を広い視野で見ることは苦手とする面も。

適職

適した職種:大工や測量士、法律事務など。

 

 ENTJ(外向・直感・思考・決断)/リーダー

ENTJ 型の人は物事に素早く決断を下してメンバーに進むべき方向を示すリーダータイプの人です。責任感が強く主導権を握って組織をまとめ上げる能力が高いですが、反面、大きな目標を達成したいという意欲が裏目に出てしまうことも。

適職

適した職種:管理職やフランチャイズ店のオーナー、教師など。

 

 INTJ(内向・直感・思考・決断)/アイディアマン

INTJ 型の人は論理的な思考が得意で独創的なアイディアの閃きに長けています。しかし、一方で完璧主義が走りすぎて非現実的なほど高い水準の目標を自分にも他人にも課してしまうことがあります。

適職

適した職種:経営コンサルタントやシステムアナリスト、ライターなど。

 

 ENTP(外向・直感・思考・柔軟)/起業家

頭の回転が速く熱意に溢れる ENTP 型の人は創造と革新、新しいアイディアを好む起業家タイプです。しかし、そんな特性が裏目に出て、ごく普通の物事に対しても独創的なアプローチを試してみたくなってしまうという欲求にかられてしまうことがあるようです。

適職

適した職種:起業家や広告宣伝業、政治家など。

 

 INTP(内向・直感・思考・柔軟)/戦略家

INTP 型の人は、秩序だった分析能力と独創的な問題解決能力に優れる一方で、論理的分析に意識が向かいすぎて自分も含めた人の感情を二の次にしがちという面があります。

適職

適した職種:システムアドミニストレーターや写真家、エージェントなど。

 

 ENFJ(外向・直感・情緒・決断)/チームプレーヤー

礼儀正しく人への思いやりが深い ENFJ 型の人は集団の人気者になり、時にはカリスマ的な求心力を示すことも。ただ、一方で人に感情移入をしすぎるという面があり、必要な場面で人の意見を批判することができないということがあるようです。

適職

適した職種:エンターテイナーやファシリテーター、医療ソーシャルワーカーなど。

 

 INFJ(内向・直感・情緒・決断)/理想家

物事の表面だけではなく奥にある意味に深い関心をもつ INFJ 型の人は強い信念をもつ理想主義タイプです。誠実で責任感の強いタイプですが、自分の考えで頭がいっぱいになってしまい、周囲への目配りがおろそかになる恐れがあります。

適職

適した職種:教師や編集者、調停委員など。

 

 ENFP(外向・直感・情緒・柔軟)/創作家

ENFP 型の人は想像力が豊かなクリエイタータイプです。次々と独創的なアイディアの閃きに恵まれる一方、一つのことに集中し続けるのが苦手な面もあります。

適職

適した職種:脚本家やコピーライター、コンサルタントなど。

 

 INFP(内向・直感・情緒・柔軟)/芸術家

一見物静かに見えるものの内に秘めた夢や理想といった情熱に強く突き動かされている INFP タイプの人は今あるものだけでなく、新しいものを想像していく能力に秀でています。ただし、その反面、自分の夢や目標が実際に実現可能であるかどうかの判断が甘くなっていることもあるようです。

適職

適した職種:ライターやジャーナリスト、理学療法士など。

 

16タイプ診断まとめ

いかがでしたでしょうか。

より満足のできる就職や転職をするためには、まず自分の長所がどこにあるのか、自分が大切にしていて譲れないのはどういったことであるのかを見定めるのが早道です。

自分の価値を最大限に発揮できる仕事を見つけるためのツールとして、16タイプの診断を活用してみてください。

16タイプ診断まとめ

  • 1.ESTJ(外向・五感・思考・決断)/責任者タイプ
  • 2.ISTJ(内向・五感・思考・決断)/努力家タイプ
  • 3.ESFJ(外向・五感・情緒・決断)/社交家
  • 4.ISFJ(内向・五感・情緒・決断)/組織人
  • 5.ESTP(外向・五感・思考・柔軟)/冒険家
  • 6.ISTP(内向・五感・思考・柔軟)/実務家
  • 7.ESFP(外向・五感・情緒・柔軟)/楽天家
  • 8.ISFP(内向・五感・情緒・柔軟)/職人
  • 9.ENTJ(外向・直感・思考・決断)/リーダー
  • 10.INTJ(内向・直感・思考・決断)/アイディアマン
  • 11.ENTP(外向・直感・思考・柔軟)/起業家
  • 12.INTP(内向・直感・思考・柔軟)/戦略家
  • 13.ENFJ(外向・直感・情緒・決断)/チームプレーヤー
  • 14.INFJ(内向・直感・情緒・決断)/理想家
  • 15.ENFP(外向・直感・情緒・柔軟)/創作家
  • 16.INFP(内向・直感・情緒・柔軟)/芸術家

 

▼より詳しく16タイプの診断を行うにはこちらがおすすめです。

無料性格診断テスト|16personalities

 

▼適職についてまだ悩んでいる方は、複業からはじめてみませんか?

え、まだ【パラレルワーク】やってないの?

 

▼投資家の資質があったあなたにはこの記事もおすすめです。

投資に活かす【VIX指数(恐怖指数)】の使い方

 

 

-パラレルワーク, 脱サラ|転職

Copyright© KUMAJoe . Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.